アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年11月
     
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
お金

住宅ローンの返済が困難になって延滞を繰り返すようになると銀行から督促されることになります。
最終的には担保になっている自宅を競売されて返済に充当されることになりますが、それでは住む家をなくしてしまいます。
そこで、親族に対する任意売却を銀行に相談することがあります。
親族に自宅を買い取ってもらって、その親族から賃借することによって、継続して住むことができるからです。

親族としては、少しでも安い価格で購入したいのは当然のことです。
一方で、銀行としては少しでも高く売却して住宅ローンの返済に充てて欲しいのです。
したがって、その価格に関しては銀行と相談することになります。
銀行としては競売には時間も手間もかかりますので、任意売却の金額が競売で見込まれる金額以上であれば問題ありません。
それを下回るようであれば、銀行との相談になります。
返済が滞っているのですから、売却するまでに延滞利息もかかっています。
銀行としては一日も早く回収してしまいたいので、相談には応じます。
親族に資金力がなければ、このような任意売却はできません。
銀行としては親族から借入をして住宅ローンの返済をすることも検討するように促すこともあります。
しかし、銀行は住宅ローンの利用者の相談に丁寧に応じることが求められていますので、それぞれの事情に最大限の配慮をしてくれます。
しかし、最終的には返済を滞っている住宅ローンの返済額が大きくなることを銀行は求めています。